読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HiHi B少年クリエ、中毒性が無限大


行ってきました、

5月5日(金)17時開演 ジャニーズ銀座@シアタークリエ


2010年から始まり今年で8年目を迎えたクリエ公演。*1

フレッシュジャニーズJr.フェスティバル A.B.C-Zプロデュース『みんなクリエに来てクリエ!』以来、個人的に1年に1クリエが恒例になっています。

意識的に目指している訳ではなく、ただ本能に従った結果…。

いつまで連続クリエ入場記録を更新するのやら…8年連続という響きに我ながら呆れつつ今年も元気に行ってきましたよ!シアタークリエ!!!


ちなみにこれまでの経緯(?)

2010・2011・2012:A.B.C-Z公演だったのでナチュラルに参加。
2013:当時、謎選抜と呼ばれていたメンバーの【G公演】
2014:関西と関東が融合したSexy Ageの【H公演】
2015:キンプリの始まりとなった【A公演】
2016:パフォーマンスクオリティに間違いのないMADE+寺西・原・横原・岸の【E公演】

そして
2017:HiHi Jet&東京B少年の【A公演】


正直、今年はどの公演にも入ることはないんだろうなあと悠長にかまえていたのだけど気づいたらシアタークリエに居たんです、不思議だなあ???


約1時間45分の公演を終えたシアタークリエは、全力のアイドルオーラとファンの多幸感のきらきらでいっぱーーーいになってました。

担当不在おたくもとっても楽しめました。
是非、是非とも、アイドルが好き♡っていう人たちにはおすすめしたい公演!もう終わってしまったのが残念(泣)


そんな担当不在おたくがクリエA公演で衝撃を受けたポイントを羅列したいと思います。備忘録。レッツゴー17項目。

 

 

1)ゆうぴーが本当に綺麗
※ゆうぴー=高橋優斗くん

2)ゆうぴーの本気顔がマジ

3)ゆうぴーが想像を超えてアイドル

とっても色白でスタイルがよくてフォトジェニックな人だなあと思っていたんだけど…改めてじっくり本人を見てみたらジャニーズJr.祭りで見たゆうぴーと同一人物とは思えないくらいに、ばっちばちにかっこつけて、しかもそれが様になっていて、衝撃的でした。はい。

パフォーマンスからもMCの完璧な回し方からもメインの自覚とやらがにじみ出てました。


4)那須くんがプロ…次々に自分のファンに気づいてファンサを繰り出す…職人技…

 

5)ゆうぴーの「シャドウ??」本気やん……

『真夜中のシャドーボーイ』歌中台詞で
ちょっとおふざけとかするのかななんて甘く考えてたら本気のやつだった


6)龍我のりんごほっぺと水分量過多な目とつやつやリップ。
どうしてそんなにツヤツヤなの?????
捌けたときにリップ塗ったの?水飲んだの?でもリップ塗ったとしてもそんなにツヤツヤになる?!ってくらいにツヤツヤしてて………若いから???(龍我の可愛さに混乱)


7)大昇のあどけなさ。ふわふわ。
静止画やTVでは分からない、少年感。彼のキャラ自体がおもしろ担当で先輩からもいじられキャラみたいだけど、MCで喋ってるのを見たら年齢相応のふわふわ少年だった。かわいい。外国の少年みのある色素の薄い雰囲気。真っ白な肌にそばかすが見えた。そばかすがあるかは知らない。多分ない。


8)金指くんのしっかり度
\かわいいーーー!/の声援を欲しいままにしていたけどとってもしっかりしてた。しっかり歌う、しっかり喋る、しっかり笑顔を与えてくれる


9)那須くんと織山くん(バックJr.)仲良しなのね???
視界にちらっと入っただけでも1時間半の間に2人で顔見合わせながらグータッチを2回してました。

 

勝手に抱いていた印象が
那須くん=文武両道優等生おぼっちゃま
織山くん=チャラめな不良少年(実は好青年)
だったから「え、何その学校では絶対に目合わせないけど実は地元じゃ負け知らずの幼馴染なんですみたいな漫画的な関係性?!!」って1人でクリエで興奮してしまった。落ち着け。


10)ECの登場がハイBツムツム!!!\もちろん会場内は悲鳴/
ステージにうつ伏せになって積み重なるハイBちゃん。みんなとっても笑顔で、楽しいんだねえ〜〜歓声が嬉しいんだねえ〜〜〜って1人ずつギューしたくなりました


11)MC中のなすりゅの異常な可愛さ
仲良しなんだねーーーーーーー!っていう微笑ましさ。2人はそのままでいてね、おねがい。

エピソードトークのお題「事務所に入って一番びっくりしたこと」が発表された途端に龍我くんが隣にいた那須くんに話しかけて相談してから2人共通のエピソード話してくれたんだけど、終始ぴょこぴょこしてる龍我くん(14)育てたい………

そして2人で話し始めたら案の定会場のなすりゅ厨がキャーーーーー叫ぶ訳だけど、その悲鳴を物ともせずに龍我と肩組んでガッツポーズして見せつけてくる那須くん。嬉しそうに、どや顔で。那須くん、頼もしい。那須くんの龍我への愛情が母性なのでは疑惑。

 

龍我も(この子は会場の反応の意味を理解してるかどうかは不明)ぴょこぴょこしながらオッケーポーズしてて、またもや会場が(はあ…かわいい…………!!!)に包まれてて、どこまでいっても平和な空気でいっぱい。

でも龍我くんは弟と妹がいるお兄ちゃんなんだよね、実は。ハイBのお兄ちゃん達に囲まれてる間は存分に甘やかされてください!


12)ゆうぴーソロ、大勝訴。
どこかで映像化されないかなあ、されないよなあ。


13)『BYAKUYA』の「……びゃくやぁ(囁き)」直前にセンターを前へ歩いてきながら指ぱっちんする那須先輩


14)藤井くんのほとばしるアイドル性
本人談のとおり、ダンスのしゃかりき度は誰よりもまさっていたし、MCで自分がぼっちポジションのオチ要員としてもっていかれてることにも気づいてちゃんと面白くするし、一番アイドルらしい???笑顔の量も人一倍多くて。藤井くんにもなあくん(藤井くんの中のアイドルが具現化した新キャラ)にも幸あれ!!!


15)はしもっちゃんのジャニーズ愛
亀梨先輩×キスマイ絡みの過去からの流れの話をさらっとドヤ顔で話してくれる感じが、もう、Youが次世代のジャニオタアイドルだよ!!!!!的な感動もの。MCでは思わず拍手。ジャニーズイントロどん!やったらこの子が圧勝かな。嵐の曲の場合はゆうぴーが突撃しそうだけど。


16)瑞稀が体調不良…?!
瑞稀が体調不良だったみたいでMCも途中で捌けてしまったり若干出番も調整があったようで???

きっと、大事な時期なんだからしっかりしてくれ!って気持ちの人もいるかもしれないけれど、予定外の猪狩くん不在やこれ以上の穴は開けられない状況、ここまで続いてきたスケジュール、大事なことを考え込んでしまいそうな瑞稀くんのメンタル面を考えると「体調不良でもなんでも姿を見せてくれてありがとうお疲れ様!!!」と栄養たっぷりのご飯と休息を全力であげたくなりました。

ちなみにダブルECでみんな上着をはだけさせて登場したとき、自分は全部脱いでタンクトップになってからゆうぴーの上着も剥ごうとしたけど何かを耳打ちされて笑い崩れるっていう可愛い瑞稀がいたので、同じ光景を見ていた人は多少ホッとできたはず。


そして最後、
17)浮所くんの『少年のまま』*2 ソロパートが眩しい!!!ソロパートおめでとう!!!

まいジャニでジャニーズアイランドレポート回のときに自己紹介で「歌を練習しています」って言っていた浮所くん、自分の公演でソロパート披露できてよかったね!!!
普段の掠れてる話し声とは違った潤いのある声で、大人っぽい曲も似合いそう。

浮所くん・東京B少年が『少年のまま』を現Jr.担のみんなに知らしめてくれたことに感謝!(勝手に)

ちなみに今回歌っていた歌詞は橋本良亮ソロコンサート2015で初披露した箇所でした。
2番の歌詞を選ぶんだ?!とびっくりですが、浮所くんや東京B少年には1番の歌詞じゃなくて2番が似合います。(めずらしく自信をもって断言)

 

そして
『ユメタマゴ』
『よく遊びよく学べ』
『少年のまま』
『キラキラ光れ』
の曲順のエモさたるや。曲順決めたの誰ですか。頭が上がらない。

 

 

答えなんて間違いだらけでかまわないさ
高く高く高く舞い上がれ

Get chance!One more chance!
3.2.1. GO!

世界は回り まだ見ぬ日々が呼んでる
今はじまりのとき

僕らはいつまでも少年のままで


------『少年のまま』

 

 

答えなんて間違いだらけでもよくて。
すでにある正解を探すんじゃなくて。


ハイBのみんなはこれから先のジャニーズ人生の中で、新しい景色とたくさん出会ってたくさん学んでその度に化学反応を起こしてもっともっとキラキラ光っていくんだろうなあと無限大の可能性を感じる公演でした!

 

そんな10人をこれからも陰ながら見守っていきたいと思います。

歴が長い2人も、周りのサポートに徹しすぎずうまく自己主張していってほしいところ。

 


どうか、彼らが少年のような気持ちを失わないままでいられますように。

10人がこれから先も心が折れることなく、仲間と共に1つずつ夢を叶えていけますように!

 

 願わくは、那須くんと龍我くんがこれから先も微笑ましい仲良しライバルコンビでいられますように!なすりゅ!

 

 

 

 

 

あるところに、ジャニーズJr.祭りinさいたまスーパーアリーナで『少年のまま』 を歌う東京B少年を見て以来、ノスタルジックスイッチがONされた1人の懐古厨おたくAがおりました。

おたくAはHiHi Jetの4人、東京B少年の5人それぞれのグループ単体を見ながらフレッシュでジャニーズJr.らしいジャニーズJr.だなあ〜いつかこの子達が次世代を担っていくんだろうなあ〜と平和な気持ちで見守っていたのですが、2グループが合わさった“HiHi B少年”という存在に戦慄しました。


(はっ…少年のままを歌ってた頃のJ.J.Expressと今のハイBの年齢構成ほぼ同じなのか………)

 

J.J.Express(2006)
最年長:高木雄也(高2)
最年少:橋本良亮(中1)

★HiHi B少年(2017)
最年長:高橋優斗(高3)
最年少:金指一世(中2)


J.J.Expressは所謂「推され」と言われるジャニーズJr.を中心に年代が比較的近いメンバーによって構成されたグループ。当時のJr.内最年少ユニット。

※HiHi B少年10人中8人がジャニーズJr.歴1〜2年の若手。現在Jr.内最年少ユニット。


………こうして、おたくAは非常に勝手ながら、大好きで仕方なかったグループとHiHi B少年(以下、ハイB)とをどことなく重ねてしまい、ハイB沼に引きずり込まれていきましたとさ。

 

 

どこかの何かの番組で(某BS番組とか某テレビ東京冠番組とか)A.B.C-ZとハイBの対決企画やりませんか…???

 

クイズバトルやジャニーズイントロどん!なんかでいい勝負できるのでは???

 

 

 

*1:2012年公演『ジャニーズ銀座2012 Youの前にはMeがいる』以来、『ジャニーズ銀座』が通称に。

*2:少年のまま=2006年7月30日放送『Ya-Ya-yah』にて初披露したJ.J.Expressのオリジナル曲。メンバーのハモリや歌詞の少年性の高さが推しポイント。

 

*HiHi Jet
井上瑞稀橋本涼・猪狩蒼弥・高橋優斗

*東京B少年
那須雄登・佐藤龍我・藤井直樹・浮所飛貴・岩崎大昇・金指一世(ジャニーズ銀座初日より加入)